コンテンツメニュー

史楽会概要

史楽会四方山話

ギャラリー

データベース

入会方法

お問い合わせ

サイトポリシー

かつて古河公方が拠り東都と謳われた古都・古河。
この歴史あふれる古河をもっともっと楽しんじゃおう!!という団体です。

f
古河史楽会
facebook

正保日本図に描かれた北総赤麻地域

投稿2015/5/5


正保日本図に描かれた北総赤麻地域


正保日本図とは江戸時代初期に作成された精巧な日本地図のことです。

1637-1638年に発生した島原の乱。

浪人や百姓が中心となった廃城された原城に籠った反乱鎮圧でさえ困難だったのに、正規兵・大規模城郭を擁する大大名、前田(動員兵力20000人)や伊達(動員兵力12000人)、島津(動員兵力15000人)、毛利(動員兵力8000人)、上杉(動員兵力6000人)が反乱を起こした場合、江戸幕府機構そのものが崩壊する事を幕閣は悟りました。

時は武断政治。幕閣は反乱を起こさせない為、また反乱が起こっても鎮圧が容易に出来るように各藩に国絵図・城絵図の提出を命じました。

これらがあれば、反乱者の城をどこからどのように攻めれば良いか一目瞭然であるからです。


そのため、国絵図には軍道となる街道の距離、また堀となり得る河川、砦となり得る丘陵、また古城などをすべて網羅させ、城絵図には堀の深さと巾から土塁の高さまで克明に記させました。


それらを集約したのが正保日本図。1645年頃の完成だそうです。


一言でいうならば軍事地図。

幕府では正保の後、元禄、享保、天保の日本図が作成されましたが、ここまで軍事に特化した明細な地図はありません。


ちなみにもし記述に誤りがあったのならば、その大名は当然改易、お家断絶の可能性も十分にありました。


さて、そんな正保城日本図の古河周辺を見ると、河川が現在と違うことに気付きます。

現在北川辺と加須を隔てる利根川は南に大きく湾曲し、また、関宿の西側の五霞は古河と陸続きになっています。


北川辺と加須を隔てる利根川・新川通と古河と五霞を隔てる赤堀川はともに1621年着工、竣工は1650年代です。

当然国絵図作成時点(1640年頃)には当然竣工している訳無いので、北川辺と大利根は陸続き、五霞と古河も陸続き。


現在利根川の北にある北川辺が埼玉県、利根川の南にある五霞が茨城県である理由は正保日本図を見ると良くわかります。

正保日本図(その1) 河川図

正保日本図(その2) 正保日本図(関東周辺)