コンテンツメニュー

史楽会概要

史楽会四方山話

ギャラリー

データベース

入会方法

お問い合わせ

サイトポリシー

かつて古河公方が拠り東都と謳われた古都・古河。
この歴史あふれる古河をもっともっと楽しんじゃおう!!という団体です。

下総国古河城絵図

ホームデータベース>下総国古河城絵図

古河公方関連書籍紹介古河の歴史・乱読記古河城の構造古河城四方山話
下総国古河城絵図・古河城3DCGデータ古河城パンフレット古河城説明板古河江戸期の地図
古河城御三階櫓外観復元図

正保城絵図は、正保元年(1644年)に幕府が諸藩に命じて作成させた城下町の地図です。城郭内の建造物、石垣の高さ、堀の幅や水深などの軍事情報などが精密に描かれているほか、城下の町割・山川の位置・形が詳細に載されています。各藩は幕府の命を受けてから数年で絵図を提出し、幕府はこれを早くから紅葉山文庫に収蔵しました。幕末の同文庫の蔵書目録『増補御書籍目録』には131鋪の所蔵が記録されています。

(画像をクリックすると大きくなります)
下総国古河城絵図